無限のつながり

 

 

 

いつの間にやら、齢(よわい)、七十を超えると私よりも先を歩む人は少なく、後をついてくるものが多くなりました。

 

 

 

 

『安楽集』にいはく「前に生れんものは後を導き、後に生れんひとは前を訪へ、連続無窮にして、願はくは休止せざらしめんと欲す。無辺の生死海を尽さんがためのゆゑなり」と。

 

無限のつながりを想いつつ・・・。

あわてない

慌てるとろくでもないことが

多いようです。

 

何事も“一呼吸”が一番ですナ。

 

プランターに植えた

「さやえんどう」。
     

早くに採りすぎてヘタを取ったら

エンドウ豆の姿なし・・・。

 

『慌てるものは

 “もらい”が少ナイ・・・』

めぐみ

一人ぼっちになった淋しさ孤独さ。

 
「なんのなんの、お前を照らし守り続けているワシがいるではないか。気づいてくれよ、とお天道様。

 

太陽の恵みに手を合わせることを忘れた現代人よ、お月様にダンゴを供え花を手向ける古の人をあざ笑う人達よ、昼は光にはぐくまれ、夜は皓々たる月に見守られて眠りに付く。

 

何と有難いことよ、南無南無。

ブログにもお立ち寄りください。

 恵日山真光寺 ブログの間
 恵日山真光寺 ブログの間